案外、人は見ているものです

案外、人は見ているものです

デコルテを見せるか見せないかで印象がだいぶ違います。

就職面接の時に襟まわりの大きく開いた洋服では場違いですし、合コンの時などには襟まわりの大きく開いた洋服のほうが目をひきます。

私意識したことないと思っている方もいると思いますが、世の中の人は案外デコルテ部分をみていると思います。

合コンなどで相手と正面に座ると目に入るのが、顔、洋服、デコルテ部分です。

もちろん立ち振る舞いや話し方など色々とありますが、デコルテ部分にあるシワや、ニキビが見え隠れすると印象も変わります。

立ち振る舞いなど申し分なくてもなんとなく不快感を覚えてしまうものです。

人からどう見られるか気にする必要もないのかもしれませんが、第一印象が悪ければチャンスをつかむこともできませんので、少々気を使いたいとも思います。

日ごろ、顔につけている保湿クリームや化粧水をデコルテ部分にも伸ばしてあげる。

顔をケアする延長にデコルテケアも行えば、わざわざデコルテケアのための時間を割く必要もありませんよね。

ご自分のデコルテ部分をみてケアが必要と思われて方は試してみてくださいね。

美容のプロも苦戦しているそうです

デコルテが美しいとアクセサリーも不要と言われるほどデコルテ部分は身体の中でも重要な部分と思います。

またどんなに豪華なアクセサリーもこの部分にシワやくすみ、にきびなど肌トラブルを抱えていては台無しにもなります。

美容のプロも首年齢だけは隠せないと言われるほどデコルテ部分のケアは難しいとされます。

肌年齢ならぬ首年齢、気にしていましたか。

首に出来るシワは枕が原因でできるシワと加齢に伴いたるみからくるシワがあります。

枕のシワは枕を変えれば良さそうですが、たるみによるシワは思うようにはいきません。

このたるみは頭皮から始まっていると言われています。

首回りのシワ予防対策は頭皮や顔のたるみ対策に繋がっていますので、顔のたるみを予防することも大切です。

デコルテケアの内容

結局、顔のたるみ予防はデコルテケアに繋がっているということですね。

美容のプロも苦労していますので、日ごろから顔のたるみ予防には気を使いたいと思います。

アクセサリーもいらないデコルテを目指して、デコルテケアをはじめてみませんか。

Comments are closed.